高校野球100年の歴史! 〜全国中等学校優勝野球大会の時代〜

初回入金ボーナス、増量キャンペーン中!


【プレイオジョ】は、イギリスで1番人気のオンカジ♪




本場イギリスで、1番人気のあるオンカジ、【プレイオジョ】!
すぐ下のバナーからの登録で、初回入金ボーナスを、増量できます♪
(初回ボーナス:「花魁ドリーム・50フリースピン」/追加、30スピン☆)

【プレイオジョ】は、賭け金条件、「一切ナシ」の、オンカジです!!




高校野球歴史|全国中等学校優勝野球大会の時代

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2015年8月、高校野球の歴史が、100年を迎えた。

 

 

 

 100年だからと言っても、戦争による中断時期があったため、
 夏の大会は97回、センバツ大会は、それよりちょうど10回少ない、87回である。

 

 

 

 3年後の100回大会は、記念大会として、特別なセレモニーなど、
 例年にも増して、華やかな大会になることだろう。

 

 

 

 そもそも、全国大会が始まったのが、100年前というだけで、
 高校野球(当時は中学野球)は、早い地域では、1880年代には行われていた。

 

 

 

 校内で紅白戦を行うところから、他校と試合を行うようになり、
 各地で近県の中学が集まり、地区大会が開催される様になったのは、
 20世紀に入った頃のことである。

 

 

 

 全国大会が開催される様になった経緯は、諸説あり、はっきりしていない。

 

 

 

 定説となっているのは、旧制三校(現・京大)が開催していた、
 中学野球大会を母体に、朝日新聞が主催者となって、開催したというものである。

 

 

 

 現在まで、関西で甲子園大会が開催されているのは、
 そうした歴史によるものである。

 

 

 

 第1回大会は、予選参加が73校で、代表に選ばれたのは、10校。
 場所は、甲子園球場ではなく、大阪・豊中のグラウンドだった。

 

 

 

 そもそも、甲子園球場は、まだできてもいなかった。

 

 

 

 甲子園球場が完成し、大会初の試合が行われたのは、1924年夏のことである。

 

 

 

 当初は、大会のシステムも整っておらず、
 敗者復活戦が行われた大会もあれば、
 前年に、大学で登板していた投手が中学代表として出場するなど、
 現在では、考えられないことも起きている。

 

 

 

 牧歌的な時代と言ってしまえばそれまでだが、
 当初は、その程度のものだったのである。

 

 

 

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! チャンピオンズリーグ23-24! 【スポーツベットio HP】