高校野球100年の歴史! 〜全国中等学校優勝野球大会の時代〜

まずは、新着情報を、ご確認ください!






日本語対応オンラインカジノ【ラッキーニッキ―】2周年で、ボーナス大幅UP!








3rd入金まで、「入金額:100%ボーナス」 or 「$1入金:2フリースピン」&
       「初回入金日より、”7日間合計:250フリースピン”」





 2019年2月、日本語対応のオンラインカジノが、”2周年” を迎えました!
 2周年を記念して、初回入金ボーナスが、大幅にアップしました!!


 【ラッキーニッキ―(lucky niki)カジノ】 は、ヨーロッパで人気の、
 【EU Casino】 を、提供している、『Skill On Net社』 が、
 ”日本の味を取り入れたゲームサイト” を、独占リリースした、オンラインカジノです。


 遊べるゲームは、近年、大変評価の高いゲームソフト、『Netent』 をはじめ、
 マイクロゲーミングなど、複数のソフト会社のゲームが、お楽しみいただけます♪


 気になる、初回入金ボーナス等は、
(初回〜3回目の入金まで、各入金最大:$333)



 ・「入金額:100%マッチボーナス
 ・「$1入金:2フリースピン



 さらに、初回入金後、7日間連続ログインで、”合計:250フリースピン” を、無料でプレゼント♪



 ラッキーニッキ―カジノは、当サイトでおすすめしていました、
 ウィリ○○ヒル社の、日本担当マネージャーが、移籍した後にオープンした、
 信頼のおけるオンラインカジノで、クレジットカード入金も可能です。


 また、ウェルカムボーナス以降も、日々のボーナスが充実していますので、
 ご登録後、是非、『プロモーション』 → 『日替わりプロモ』 にて、ご確認ください♪
 (特に、”フリースピン” が、充実しています!)








【ラッキーニッキ―カジノ】メールサポートは、”16:00〜23:00(jst)”、日本語対応です!(電話サポートもアリ)





【luckyniki Casino】 詳細情報!





高校野球歴史|全国中等学校優勝野球大会の時代

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2015年8月、高校野球の歴史が、100年を迎えた。

 

 

 

 100年だからと言っても、戦争による中断時期があったため、
 夏の大会は97回、センバツ大会は、それよりちょうど10回少ない、87回である。

 

 

 

 3年後の100回大会は、記念大会として、特別なセレモニーなど、
 例年にも増して、華やかな大会になることだろう。

 

 

 

 そもそも、全国大会が始まったのが、100年前というだけで、
 高校野球(当時は中学野球)は、早い地域では、1880年代には行われていた。

 

 

 

 校内で紅白戦を行うところから、他校と試合を行うようになり、
 各地で近県の中学が集まり、地区大会が開催される様になったのは、
 20世紀に入った頃のことである。

 

 

 

 全国大会が開催される様になった経緯は、諸説あり、はっきりしていない。

 

 

 

 定説となっているのは、旧制三校(現・京大)が開催していた、
 中学野球大会を母体に、朝日新聞が主催者となって、開催したというものである。

 

 

 

 現在まで、関西で甲子園大会が開催されているのは、
 そうした歴史によるものである。

 

 

 

 第1回大会は、予選参加が73校で、代表に選ばれたのは、10校。
 場所は、甲子園球場ではなく、大阪・豊中のグラウンドだった。

 

 

 

 そもそも、甲子園球場は、まだできてもいなかった。

 

 

 

 甲子園球場が完成し、大会初の試合が行われたのは、1924年夏のことである。

 

 

 

 当初は、大会のシステムも整っておらず、
 敗者復活戦が行われた大会もあれば、
 前年に、大学で登板していた投手が中学代表として出場するなど、
 現在では、考えられないことも起きている。

 

 

 

 牧歌的な時代と言ってしまえばそれまでだが、
 当初は、その程度のものだったのである。

 

 

 

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! ATPシンシナティ特集! 【10Bet Japan HP】 メールマガジン登録