高校野球100年の歴史! 〜最初の、アイドル投手ブーム〜

まずは、新着情報を、ご確認ください!






日本語対応オンラインカジノ【ラッキーニッキ―】2周年で、ボーナス大幅UP!








3rd入金まで、「入金額:100%ボーナス」 or 「$1入金:2フリースピン」&
       「初回入金日より、”7日間合計:250フリースピン”」





 2019年2月、日本語対応のオンラインカジノが、”2周年” を迎えました!
 2周年を記念して、初回入金ボーナスが、大幅にアップしました!!


 【ラッキーニッキ―(lucky niki)カジノ】 は、ヨーロッパで人気の、
 【EU Casino】 を、提供している、『Skill On Net社』 が、
 ”日本の味を取り入れたゲームサイト” を、独占リリースした、オンラインカジノです。


 遊べるゲームは、近年、大変評価の高いゲームソフト、『Netent』 をはじめ、
 マイクロゲーミングなど、複数のソフト会社のゲームが、お楽しみいただけます♪


 気になる、初回入金ボーナス等は、
(初回〜3回目の入金まで、各入金最大:$333)



 ・「入金額:100%マッチボーナス
 ・「$1入金:2フリースピン



 さらに、初回入金後、7日間連続ログインで、”合計:250フリースピン” を、無料でプレゼント♪



 ラッキーニッキ―カジノは、当サイトでおすすめしていました、
 ウィリ○○ヒル社の、日本担当マネージャーが、移籍した後にオープンした、
 信頼のおけるオンラインカジノで、クレジットカード入金も可能です。


 また、ウェルカムボーナス以降も、日々のボーナスが充実していますので、
 ご登録後、是非、『プロモーション』 → 『日替わりプロモ』 にて、ご確認ください♪
 (特に、”フリースピン” が、充実しています!)








【ラッキーニッキ―カジノ】メールサポートは、”16:00〜23:00(jst)”、日本語対応です!(電話サポートもアリ)





【luckyniki Casino】 詳細情報!





高校野球歴史|最初の、アイドル投手ブーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校野球が、全国的な人気を獲得していく中で、
 登場したのが、いわゆる、「アイドル投手」 である。

 

 

 

 なぜだか甲子園で、アイドル並の人気を誇ってきた選手は、投手が多い。

 

 

 

 投手として投げてる回は、一挙手一投足が、
 中継カメラで映し出されるのだから、当然と言えば、当然かもしれないが。

 

 

 

 なかでも、最初のアイドル投手として、空前の人気を呼んだのが、
 1969年夏に、延長引き分け再試合の末、準優勝を遂げた、
 青森県三沢高校の、太田幸司投手である。

 

 

 

 当時は、まだまだ地域間格差の激しい時代で、
 全国的に名を知られた強豪校・松山商に、
 青森県の無名校を引っ張る、二枚目エースという構図は、
 判官びいきの日本人の琴線に触れ、絶大な人気を獲得した。

 

 

 

 アイドル投手として人気を博した投手は、
 準優勝に終わった投手に多い。

 

 

 

 1977年夏の大会で、1年生ながら、
 愛知の名門・東邦高校のエースとして活躍し、
 「バンビ」 の愛称で親しまれた、坂本佳一。

 

 

 

 激戦区・東京から、5期連続の甲子園出場を果たしながら、
 最高成績は、皮肉にも1年夏の準優勝が最高だった、
 荒木大輔投手が挙げられる。

 

 

 

 アイドル投手と騒がれ、優勝を経験しているのは、
 1970年・春のセンバツで優勝した、和歌山・箕島高校の、
 「2代目コーチャン」 こと、島本講平と、

 

 

 

 「ハンカチ王子」 と言われ、2006年夏の大会を制した、
 早稲田実業・斎藤佑樹ぐらいのものだろう。

 

 

 

 この中で、坂本投手を除く4人が、プロ入りしているが、
 高校時代の成績に、ふさわしい活躍をしたと言えるのは、
 かろうじてヤクルトに入団した、荒木投手ぐらいのものだ。

 

 

 

 人気と実力は、必ずしも比例するものではないと、いうことなのかも知れない。

 

 

 

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! 上海マスターズ特集! 【10Bet Japan HP】 メールマガジン登録