高校野球100年の歴史! 〜最初の、アイドル投手ブーム〜

$30ボーナス、プレゼント!


ラッキーニッキーカジノ、登録するだけ、$30ボーナスプレゼント♪





 日本語対応のオンラインカジノ、【ラッキーニッキー】!
 業界最大級の、「ウェルカムボーナス」が魅力♪
 現在、登録するだけで、「$30のベットマネー」プレゼント中です!
(登録後、カスタマーサービスに、「登録ボーナスの、認証コードください」とご連絡を)

『ラッキーニッキーカジノに登録して、$30をゲット!』


高校野球歴史|最初の、アイドル投手ブーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校野球が、全国的な人気を獲得していく中で、
 登場したのが、いわゆる、「アイドル投手」 である。

 

 

 

 なぜだか甲子園で、アイドル並の人気を誇ってきた選手は、投手が多い。

 

 

 

 投手として投げてる回は、一挙手一投足が、
 中継カメラで映し出されるのだから、当然と言えば、当然かもしれないが。

 

 

 

 なかでも、最初のアイドル投手として、空前の人気を呼んだのが、
 1969年夏に、延長引き分け再試合の末、準優勝を遂げた、
 青森県三沢高校の、太田幸司投手である。

 

 

 

 当時は、まだまだ地域間格差の激しい時代で、
 全国的に名を知られた強豪校・松山商に、
 青森県の無名校を引っ張る、二枚目エースという構図は、
 判官びいきの日本人の琴線に触れ、絶大な人気を獲得した。

 

 

 

 アイドル投手として人気を博した投手は、
 準優勝に終わった投手に多い。

 

 

 

 1977年夏の大会で、1年生ながら、
 愛知の名門・東邦高校のエースとして活躍し、
 「バンビ」 の愛称で親しまれた、坂本佳一。

 

 

 

 激戦区・東京から、5期連続の甲子園出場を果たしながら、
 最高成績は、皮肉にも1年夏の準優勝が最高だった、
 荒木大輔投手が挙げられる。

 

 

 

 アイドル投手と騒がれ、優勝を経験しているのは、
 1970年・春のセンバツで優勝した、和歌山・箕島高校の、
 「2代目コーチャン」 こと、島本講平と、

 

 

 

 「ハンカチ王子」 と言われ、2006年夏の大会を制した、
 早稲田実業・斎藤佑樹ぐらいのものだろう。

 

 

 

 この中で、坂本投手を除く4人が、プロ入りしているが、
 高校時代の成績に、ふさわしい活躍をしたと言えるのは、
 かろうじてヤクルトに入団した、荒木投手ぐらいのものだ。

 

 

 

 人気と実力は、必ずしも比例するものではないと、いうことなのかも知れない。

 

 

 

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! カタールw杯特集! 【賭けっ子リンリン HP】