高校野球100年の歴史! 〜怪物江川の作新学院、アイドル原の時代〜

$30ボーナス、プレゼント!


ラッキーニッキーカジノ、登録するだけ、$30ボーナスプレゼント♪





 日本語対応のオンラインカジノ、【ラッキーニッキー】!
 業界最大級の、「ウェルカムボーナス」が魅力♪
 現在、登録するだけで、「$30のベットマネー」プレゼント中です!
(登録後、カスタマーサービスに、「登録ボーナスの、認証コードください」とご連絡を)

『ラッキーニッキーカジノに登録して、$30をゲット!』


高校野球歴史|怪物江川の作新学院、アイドル原の時代

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校野球史上、伝説の投手と言われる選手は、数々いたが、
 今でも、一番球が速かった投手として特集を組まれるのが、
 作新学院のエースとして甲子園で活躍し、
 後に、巨人のエースとなる、江川卓投手である。

 

 

 

 3年生時に、春夏出場を果たし、その豪速球は、観衆の度肝を抜いた。

 

 

 

 特に、センバツ大会では、開会式直後の第一試合に登場し、
 大阪の強豪校であった北陽高校(現・関大北陽)と対戦し、
 いきなり、19奪三振で完封勝利。

 

 

 

 2回戦は、7回1安打・10三振で、控え投手と交代。

 

 

 

 唯一の安打は内野安打で、何と、
 外野には打球が飛ばなかったという、凄まじさだ。

 

 

 

 準々決勝も、1安打・20奪三振と、勢いは止まらない。

 

 

 

 準決勝で広島商に敗れたものの、
 剛腕江川の名は、全国に知れ渡った。

 

 

 

 江川の凄い点は、失点も少なければ、
 そもそも、あまり打たれていない点である。

 

 

 

 現代でも、速い球を投げる選手はいるが、
 打たれないかと言えば、必ずしもそうではない。

 

 

 

 技術の発展はあるにせよ、結構安打を浴びたり、
 点を取られているものだ。

 

 

 

 時代が違うとはいえ、選手は生きる時代を選べない。

 

 

 

 その時代の中での結果で、判断するしかないのだが、
 100年の歴史の中で、比類なき投手の一人であることは、間違いない。

 

 

 

 また、父が監督を務める東海大相模の選手として、「親子鷹」 で、
 甲子園優勝を目指した原辰徳は、4度の甲子園出場を果たしている。

 

 

 

 最高成績は、2年春の準優勝。

 

 

 

 甲子園での活躍もさることながら、
 その端正なルックスに目を付けた週刊誌などが、
 こぞって取り上げ、女子中高生のアイドルとなった。

 

 

 

 野球と関係ないスナップ写真が、雑誌に掲載されるほどの、
 アイドル人気が持続した、初めての選手と言ってもいいほどだ。

 

 

 

 奇しくも、両者とも、甲子園では優勝できず、
 プロでは、巨人入団ということが、共通している。

 

 

 

 また、日本シリーズでは、それほど活躍できず、
 全体成績も、当初の期待と比べれば、どうかという疑問符は付く。

 

 

 

 しかし、野球に興味がない人を引き付けたという点においては、
 間違いなく、スターだったと言える2人だ。

 

 

 

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! カタールw杯特集! 【賭けっ子リンリン HP】