高校野球100年の歴史! 〜高校野球最初の隆盛期(戦前)〜

まずは、新着情報を、ご確認ください!






日本語対応オンラインカジノ【ラッキーニッキ―】2周年で、ボーナス大幅UP!








3rd入金まで、「入金額:100%ボーナス」 or 「$1入金:2フリースピン」&
       「初回入金日より、”7日間合計:250フリースピン”」





 2019年2月、日本語対応のオンラインカジノが、”2周年” を迎えました!
 2周年を記念して、初回入金ボーナスが、大幅にアップしました!!


 【ラッキーニッキ―(lucky niki)カジノ】 は、ヨーロッパで人気の、
 【EU Casino】 を、提供している、『Skill On Net社』 が、
 ”日本の味を取り入れたゲームサイト” を、独占リリースした、オンラインカジノです。


 遊べるゲームは、近年、大変評価の高いゲームソフト、『Netent』 をはじめ、
 マイクロゲーミングなど、複数のソフト会社のゲームが、お楽しみいただけます♪


 気になる、初回入金ボーナス等は、
(初回〜3回目の入金まで、各入金最大:$333)



 ・「入金額:100%マッチボーナス
 ・「$1入金:2フリースピン



 さらに、初回入金後、7日間連続ログインで、”合計:250フリースピン” を、無料でプレゼント♪



 ラッキーニッキ―カジノは、当サイトでおすすめしていました、
 ウィリ○○ヒル社の、日本担当マネージャーが、移籍した後にオープンした、
 信頼のおけるオンラインカジノで、クレジットカード入金も可能です。


 また、ウェルカムボーナス以降も、日々のボーナスが充実していますので、
 ご登録後、是非、『プロモーション』 → 『日替わりプロモ』 にて、ご確認ください♪
 (特に、”フリースピン” が、充実しています!)








【ラッキーニッキ―カジノ】メールサポートは、”16:00〜23:00(jst)”、日本語対応です!(電話サポートもアリ)





【luckyniki Casino】 詳細情報!





高校野球歴史|高校野球最初の隆盛期(戦前)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今から100年少し前に、第1回大会が開催された、
 高校野球大会(当時は中等学校野球)だが、当初は、
 認知度の低さや地域による実力の格差から、
 とても、全国大会と呼べるようなものではなかった。

 

 

 

 それでも、第6回大会は、それまで予選が開かれていなかった、
 北海道でも予選が始まり、徐々に全国大会らしくなっていった。

 

 

 

 1924年には、選手権大会とは別に、
 毎日新聞主催による、センバツ大会が始まった。

 

 

 

 これは、同地域に強豪がいて、
 なかなか全国大会の土を踏めない高校にも、
 チャンスを与えるという趣旨で、始まったものである。

 

 

 

 第1回大会は、名古屋で開催されたが、
 次回からは甲子園球場に会場を移し、
 春のセンバツ、夏の選手権と両輪となって、
 中等学校野球は、最初の隆盛期を迎えることとなる。

 

 

 

 甲子園に出ることは、学校の宣伝になるとして、
 都市圏の私立校が甲子園を目指す構図は、この頃から一緒である。

 

 

 

 有力選手の勧誘や、野球留学も、
 実は、この頃から既にあるものだ。

 

 

 

 あの、不世出の大投手と言われる、沢村栄治は、
 1933年のセンバツに、京都商業の投手として出場しているが、
 三重県出身の、野球留学生である。

 

 

 

 中等学校野球が発展していったのは、
 1936年から始まった、プロ野球の影響も大きかった。

 

 

 

 沢村栄治を始め、熊本工の川上哲治など、
 甲子園で活躍した選手が、卒業後はプロ野球に進むことによって、
 相乗効果が生まれていったのだ。

 

 

 

 しかし、1930年代後半になると、戦争の影響で、
 毎年増え続けてきた参加校は、頭打ちとなり、
 野球そのものが、敵性スポーツとみなされるようになった。

 

 

 

 ストライクなどの用語も、日本語に置き換えられ、
 武士道に反すると、隠し玉が禁止されるなど、ルールも一部変更された。

 

 

 

 1941年には、軍の意向で、選手権大会開催が中止され、
 出征などで、野球部が事実上成り立たなくなった学校も、増えていき、
 中等学校野球は、消滅していったのである。

 

 

 

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! 全仏オープン特集! 【10Bet Japan HP】 メールマガジン登録