高校野球100年の歴史! 〜プロ野球の人気と共に高まっていった、高校野球人気〜

まずは、新着情報を、ご確認ください!






日本語対応オンラインカジノ【ラッキーニッキ―】2周年で、ボーナス大幅UP!








3rd入金まで、「入金額:100%ボーナス」 or 「$1入金:2フリースピン」&
       「初回入金日より、”7日間合計:250フリースピン”」





 2019年2月、日本語対応のオンラインカジノが、”2周年” を迎えました!
 2周年を記念して、初回入金ボーナスが、大幅にアップしました!!


 【ラッキーニッキ―(lucky niki)カジノ】 は、ヨーロッパで人気の、
 【EU Casino】 を、提供している、『Skill On Net社』 が、
 ”日本の味を取り入れたゲームサイト” を、独占リリースした、オンラインカジノです。


 遊べるゲームは、近年、大変評価の高いゲームソフト、『Netent』 をはじめ、
 マイクロゲーミングなど、複数のソフト会社のゲームが、お楽しみいただけます♪


 気になる、初回入金ボーナス等は、
(初回〜3回目の入金まで、各入金最大:$333)



 ・「入金額:100%マッチボーナス
 ・「$1入金:2フリースピン



 さらに、初回入金後、7日間連続ログインで、”合計:250フリースピン” を、無料でプレゼント♪



 ラッキーニッキ―カジノは、当サイトでおすすめしていました、
 ウィリ○○ヒル社の、日本担当マネージャーが、移籍した後にオープンした、
 信頼のおけるオンラインカジノで、クレジットカード入金も可能です。


 また、ウェルカムボーナス以降も、日々のボーナスが充実していますので、
 ご登録後、是非、『プロモーション』 → 『日替わりプロモ』 にて、ご確認ください♪
 (特に、”フリースピン” が、充実しています!)








【ラッキーニッキ―カジノ】メールサポートは、”16:00〜23:00(jst)”、日本語対応です!(電話サポートもアリ)





【luckyniki Casino】 詳細情報!





高校野球歴史|プロ野球の人気と共に高まっていった、高校野球人気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現在では考えられないことだが、かつて、
 日本における野球の花形は、大学野球だった。

 

 

 

 その名残は、戦後も長く続き、1963年に、
 国鉄スワローズ(現ヤクルト・スワローズ)が、神宮球場を本拠地にした際には、
 国会質問で取り上げられるぐらい、反対されたものである。

 

 

 

 1978年に、ヤクルトが初優勝した際には、東京六大学の日程が優先され、
 仕方なくヤクルトは、ホームゲームを、巨人の本拠地である、
 後楽園球場で開催したぐらいだ。

 

 

 

 高校野球が全国的に浸透していったのは
 日本が高度成長期に入り、高校進学率が飛躍的に高まり、
 各地で高校数が増えていった時期と、重なる。

 

 

 

 また、「巨人・大鵬・卵焼き」 の言葉に象徴される通り、
 巨人の王・長嶋の、いわゆる、「ON」 人気によって、
 プロ野球人気が急上昇し、野球が国民的スポーツとなる中で、
 プロへの登竜門として、甲子園大会が注目されたからである。

 

 

 

 100年大会を記念して、始球式に登場した王貞治は、
 高校時代は、早稲田実業の投手として、2年春に優勝を経験している。

 

 

 

 2年夏の大会には、ノーヒットノーランを達成するなど、
 投手としても才能を発揮していたが、プロ入りと同時に、一塁手に転向している。

 

 

 

 高校時代は、投手でありながら、
 プロでは、打者として成功した選手は数多く、

 

 

 

 ・法政二高から巨人入りした、柴田勲
 ・メジャーリーグで活躍する、イチロー

 

 

 

 などは、その代表格で、いぶし銀の選手なら、
 巨人の川相ヘッドコーチなどは、岡山南校時代に、
 投手として甲子園に出場している。

 

 

 

 反面、超高校級と言われた投手は、意外と大成していない。

 

 

 

 その代表格は、徳島商の剛腕と謳われた、徳島商の板東英二である。
 中日ドラゴンズに進んだが、目立った活躍はできなかった。

 

 

 

 タレントに転身してからは、売れっ子になったが、
 高校3年夏の甲子園大会で成し遂げた、奪三振83個は、
 記録が次々と塗り替えられる中、今も燦然と輝く、大会記録である。

 

 

 

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! ATPシンシナティ特集! 【10Bet Japan HP】 メールマガジン登録