高校野球100年の歴史! 〜逆転のPLの誕生〜

$30ボーナス、プレゼント!


ラッキーニッキーカジノ、登録するだけ、$30ボーナスプレゼント♪





 日本語対応のオンラインカジノ、【ラッキーニッキー】!
 業界最大級の、「ウェルカムボーナス」が魅力♪
 現在、登録するだけで、「$30のベットマネー」プレゼント中です!
(登録後、カスタマーサービスに、「登録ボーナスの、認証コードください」とご連絡を)

『ラッキーニッキーカジノに登録して、$30をゲット!』


高校野球歴史|逆転のPLの誕生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今でこそ、夏の甲子園大会が、1県1校で定着しているが、
 これが始まったのは、1978年からである。

 

 

 

 それまでは、県大会を勝ち抜いても、
 近隣の県と合わせた地区大会で勝利しないと、
 甲子園に出場できない状況だったが、
 これでは自分が住んでる県の代表を、応援できない人達もいる。

 

 

 

 誰もが必ず応援できる開催形式は、喫緊の課題だったのである。

 

 

 

 現代と違って、お盆には必ず、故郷に帰省した。

 

 

 

 そこで、甲子園で試合する地元校を応援するという、
 日本人のライフスタイルが、できていった。

 

 

 

 また、こうしたことにより、それまでどちらかと言えば、
 個人を応援していたのが、チームそのものを応援する、または、
 名物監督を応援するといった感じに、少し変わった向きがある。

 

 

 

 記念すべき、最初の1県1校大会を制したのは、大阪のPL学園だった。

 

 

 

 後に、絶大な人気を誇ることになる、PL学園だが、
 まだこの頃は、そこまでの人気はなかった。

 

 

 

 しかし、この大会の劇的な試合の連続により、
「逆転のPL」 との言葉が生まれたことが、
 その後の人気を生むきっかけとなったことは、間違いない。

 

 

 

 まず、準決勝の中京戦では、9回裏まで、「0-4」 とリードされていたが、
 そこから追い付き、延長戦の末サヨナラ勝ち。

 

 

 

 続く決勝の高知商戦では、9回裏まで、「0-2」 とリードされながら、
 3点をもぎとり、逆転サヨナラ勝ちを納め、2試合連続の、
 ドラマティックな試合に、「逆転のPL」 の異名が付けられた。

 

 

 

 PL学園は、1981年春のセンバツでも、
 決勝で、逆転サヨナラ勝ちを収めている。

 

 

 

 過去の栄光を投げ捨て、廃部危機など、
 前途多難な今のPL学園野球部だが、「逆転のPL」 の真骨頂を、
 今こそ発揮して、甲子園に帰ってきて欲しいものだ。

 

 

 

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! カタールw杯特集! 【賭けっ子リンリン HP】