高校野球100年の歴史! 〜戦後、すぐに甦った高校野球〜

$30ボーナス、プレゼント!


ラッキーニッキーカジノ、登録するだけ、$30ボーナスプレゼント♪





 日本語対応のオンラインカジノ、【ラッキーニッキー】!
 業界最大級の、「ウェルカムボーナス」が魅力♪
 現在、登録するだけで、「$30のベットマネー」プレゼント中です!
(登録後、カスタマーサービスに、「登録ボーナスの、認証コードください」とご連絡を)

『ラッキーニッキーカジノに登録して、$30をゲット!』


高校野球歴史|戦後、すぐに甦った高校野球

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第二次世界大戦が終わるとともに、高校野球(当時は中等学校野球)は、
 他のスポーツに比べても、凄まじい早さで、甦っていった。

 

 

 

 翌年には、夏の大会が、すぐに開かれているのである。

 

 

 

 しかも、全国で予選に参加した学校数は、
 戦前の一番多い時期より、1割増となっており、
 大会が中止されてから5年の間、いかに、野球に飢えていたかを示すものだが、
 よくも短期間の間に、チーム編成、用具の確保などが、
 行われたものだと、感心せざるを得ない。

 

 

 

 ちなみに、当時甲子園球場は、進駐軍に接収されていたため、
 会場となったのは、同じ市にある、西宮球場だった。

 

 

 

 1947年春には、センバツ大会も復活するのだが、GHQからは、
 「日本一を決める大会は、2つも要らないだろう」 と、横やりが入れられた。

 

 

 

 政治ならいざ知らず、他人の国のスポーツの歴史に、
 ケチをつける資格はないはずだが、関係者の努力の結果、無事開催にこぎつけた。

 

 

 

 1948年には、それまでの、中等学校5年、高等学校3年という制度から、
 中学校3年、高等学校3年と、日本の学制が大きく変更され、
 大会名も、高等学校野球大会になった。

 

 

 

 さらにGHQは、高校を総合化することを指示したので、
 戦前からの名門校である、広島商や松山商などが、
 近隣の普通科高校に統合されて、消滅した。

 

 

 

 その後、OB達の反対運動もあり、再び分離独立するわけだが、
 今年のセンバツに、松山東高校が出場した際、
 優勝経験があるとの話があったのは、この統合している時代に、
 商業科の生徒たち(要するに松山商)によって、全国制覇した時のことを指している。

 

 

 

 統合期間中の戦歴を、どちらの高校のものとしてみなすかは、
 意見の分かれるところで、とんだ迷惑としか言いようがない。

 

 

 

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! カタールw杯特集! 【賭けっ子リンリン HP】