ここ最近のボクシング事情|ウェルター級 〜ブックメーカーを始めよう!〜

$30ボーナス、プレゼント!


ラッキーニッキーカジノ、登録するだけ、$30ボーナスプレゼント♪





 日本語対応のオンラインカジノ、【ラッキーニッキー】!
 業界最大級の、「ウェルカムボーナス」が魅力♪
 現在、登録するだけで、「$30のベットマネー」プレゼント中です!
(登録後、カスタマーサービスに、「登録ボーナスの、認証コードください」とご連絡を)

『ラッキーニッキーカジノに登録して、$30をゲット!』


最近のボクシング事情|ウェルター級 〜ブックメーカーを始めよう!

 

 

 

 

 

 

 ※ 出典:https://www.hbo.com/boxing/index.html

 

 

 

 

 

 近年、全階級の中で、最もエキサイティングな階級だった、
 ウェルター級だが、フロイド・メイウェザー、マニー・パッキャオの引退によって、
 あっという間に、様変わりすることになった。

 

 

 

 突出した王者不在の今こそ、日本人選手にとって初となる、
 ウェルター級王者誕生に、期待したいところだが、こちらも同様にパッとしない。

 

 

 

 無理に階級に合わせて、選手を育成する必要は全くないが、
 王者獲得への道は、意外なところに開けているのかもしれない。

 

 

 

 かつての様に団体が1つで、その階級のチャンピオンが、
 文字通り世界チャンピオンという時代は、すでに終わっている。

 

 

 

 嫌な言い方だが、世界王者という肩書きが欲しいだけなら、
 4つの団体の内、最も手薄なところを狙うのも1つの手だろう。

 

 

 

 そんな中、今最も勢いのあるのは、メイウェザー引退の後を受けて、
 王座決定戦で、WBCウェルター級チャンピオンになった、
 「ダニー・ガルシア」(アメリカ)だろう。

 

 

 

 どちらかと言えばノーマークだった選手で、WBA王者の、
 「キース・サーマン」(アメリカ)や、彼に挑戦予定の、
 「ショーン・ポーター」(アメリカ)の方が評価が高いが、
 ガルシアは自信満々に両者との対戦を望んでいる。

 

 

 

 特にポーターは、パッキャオのスパーリングパートナーを、
 務めていた実力者で、IBF元王者だ。

 

 

 

 ガルシアの自信が、どこからくるものなのかは不明だが、
 ビッグマッチを通して、成り上がっていこうとする姿勢は評価できる。

 

 

 

 メイウェザー、パッキャオがいなくなった後のスター誕生に、
 世界のボクシングファンの、熱い視線が注がれている。

 

 

 

 

 

 

 

『ブックメーカーを始めよう!』topへ

 

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! 全豪オープン特集! 【10Bet Japan HP】