ここ最近のボクシング事情|ヘビー級 〜ブックメーカーを始めよう!〜

$30ボーナス、プレゼント!


ラッキーニッキーカジノ、登録するだけ、$30ボーナスプレゼント♪





 日本語対応のオンラインカジノ、【ラッキーニッキー】!
 業界最大級の、「ウェルカムボーナス」が魅力♪
 現在、登録するだけで、「$30のベットマネー」プレゼント中です!
(登録後、カスタマーサービスに、「登録ボーナスの、認証コードください」とご連絡を)

『ラッキーニッキーカジノに登録して、$30をゲット!』


最近のボクシング事情|ヘビー級 〜ブックメーカーを始めよう!

 

 

 

 

 

 

 ※ 出典:https://www.hbo.com/boxing/index.html

 

 

 

 

 

 モハメド・アリの時代、マイク・タイソンの時代など、
 ボクシングの歴史を語る時、まず出てくるのは、
 ヘビー級チャンピオンの名前である。

 

 

 

 しかし、21世紀に入って以降、ヘビー級は、
 ボクシングの花形とは、とても言えない状況にあった。

 

 

 

 理由は、世界的な名選手が出てこなかったこと、
 クリチコ兄弟の、圧倒的な強さだけが、目立ったことなどが、
 挙げられるが、クリチコ兄弟の、兄ビタリが、
 母国ウクライナで政界進出し、ボクシング界から引退、
 弟ウラディミールが、昨年タイソン・フューリーに敗れ、
 実に、9年7カ月に及んだ、長期政権が崩壊したことから、
 一気に混戦状態になってきた。

 

 

 

 その中で、次の時代の核になれる選手として、
 期待が高いのが、デオンテイ・ワイルダーである。

 

 

 

 ワイルダーは、北京五輪ヘビー級で、
 銅メダルを獲得し、プロ転向した。

 

 

 

 その頃は、痩せっぽちのノッポに過ぎなかったが、
 肉体強化で見違えるような身体になり、昨年1月、
 バーメイン・スティバーンを破り、WBCヘビー級王座を獲得した。

 

 

 

 「36戦 35KO 無敗」 と、強打を誇るが、一方で、
 本当に強い相手とは、まだ対戦していないとの批判もある。

 

 

 

 しかし、ワイルダーの最大の魅力は、シャノン・ブリッグスが、
 王座を失って以来、7年7カ月振りに、アメリカにヘビー級王座を、
 取り戻したという事実にある。

 

 

 

 ここ10年のヘビー級は、ヨーロッパ出身の、
 身体の大きな選手に支配されてきた。

 

 

 

 かつての様に、テクニックと強いパンチを併せ持つ、
 魅力的なボクサーが、減っていたのだ。

 

 

 

 当然、試合も大味なものになり、人気も落ちていた。

 

 

 

 そうした、「現状を変えてくれるのでは!?」
 という期待が、ワイルダーにはかけられている。

 

 

 

 5月に敵地ロシアで、ポヴェトキンとの、
 4度目の防衛戦が、行われるが、これを乗り越えれば、
 名王者への道が開かれるだけに、期待したいところだ。

 

 

 

 

 

 

 

『ブックメーカーを始めよう!』topへ

 

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! 全豪オープン特集! 【10Bet Japan HP】