ここ最近のボクシング事情|ミドル級 〜ブックメーカーを始めよう!〜

初回入金ボーナス、増量キャンペーン中!


【プレイオジョ】は、イギリスで1番人気のオンカジ♪




本場イギリスで、1番人気のあるオンカジ、【プレイオジョ】!
すぐ下のバナーからの登録で、初回入金ボーナスを、増量できます♪
(初回ボーナス:「花魁ドリーム・50フリースピン」/追加、30スピン☆)

【プレイオジョ】は、賭け金条件、「一切ナシ」の、オンカジです!!




最近のボクシング事情|ミドル級 〜ブックメーカーを始めよう!

 

 

 

 

 

 

 ※ 出典:https://www.hbo.com/boxing/index.html

 

 

 

 

 

 ボクシングにおいてミドル級は、歴代の名チャンピオンの宝庫であり、
 昔からこの階級を制する者は、『パウンド・フォー・パウンド』
 つまり、ボクシング界最強論争にからんできた。

 

 

 

 ロンドン五輪で金メダルに輝いた、村田諒太が、年内の世界挑戦を、
 表明しているが、あまりにも、やりがいのありすぎる階級なのだ。

 

 

 

 村田が挑戦を予定しているのは、WBO王者の、
 ビリー・ジョー・サンダース(イギリス)と予想されるが、
 現段階で村田の勝利を予想する声は皆無に等しい。

 

 

 

 栄冠を手にしたロンドン五輪から、4年が経ち、
 次のリオ五輪が始まろうとしている今日、村田は、
 竹原慎二以来の、ミドル級チャンピオンになれるのだろうか。

 

 

 

 現在のミドル級のトップに君臨するのは、
 一戦ごとに評価が高まる、ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)

 

 

 

 IBF・WBA・IBOの、世界ミドル級のタイトルを持ち、
 4月に行われた防衛戦でも、相手を圧倒して2回KOで沈め、
 22戦連続の、KO連続勝利を飾っている。

 

 

 

 アマチェアで350戦、プロで35戦全勝32KOと、
 抜群のキャリアを持つ32歳は、今キャリアの絶頂にさしかかっており、
 有力なライバルが登場すれば、メガファイトの主役になっても、
 おかしくない状況に位置している。

 

 

 

 秋には、WBCチャンピオンの、
 セルヒオ・ガブリエル・マルチネス(アルゼンチン)との、
 統一戦が予定されており、絶対的王者への道が開かれている。

 

 

 

 後を追うのは、4階級制覇を成し遂げた実力者、
 ミゲール・コット(プエルトリコ)などだが、
 いかんせんピークはすでに過ぎている。

 

 

 

 実力者が揃うミドル級に、敢えて挑み続ける、村田に期待したい。

 

 

 

 

 

 

 

『ブックメーカーを始めよう!』topへ

 

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! チャンピオンズリーグ23-24! 【スポーツベットio HP】