ここ最近のボクシング事情|フライ級 〜ブックメーカーを始めよう!〜

$30ボーナス、プレゼント!


ラッキーニッキーカジノ、登録するだけ、$30ボーナスプレゼント♪





 日本語対応のオンラインカジノ、【ラッキーニッキー】!
 業界最大級の、「ウェルカムボーナス」が魅力♪
 現在、登録するだけで、「$30のベットマネー」プレゼント中です!
(登録後、カスタマーサービスに、「登録ボーナスの、認証コードください」とご連絡を)

『ラッキーニッキーカジノに登録して、$30をゲット!』


最近のボクシング事情|フライ級 〜ブックメーカーを始めよう!

 

 

 

 

 

 

 ※ 出典:https://www.hbo.com/boxing/index.html

 

 

 

 

 

 日本人で初めて世界を制した、白井義男以来、
 大場政夫など、名チャンピオンを輩出してきた、フライ級。

 

 

 

 その伝統は、現在も健在で、細かく階級が分かれ、
 主要4団体それぞれに、チャンピオンが居るせいもあるが、

 

 

 

 スーパーフライには、

 

 

 

 ・WBOに、井上尚弥
 ・WBAに、河野公平

 

 

 

 フライ級には、

 

 

 

 ・WBAに、井岡一翔

 

 

 

 ライトフライ級には、

 

 

 

 ・WBAに、田口良一
 ・IBFに、八重樫東

 

 

 

 と、実に、日本人王者7人の内、5人が、
 フライ級前後に、集中している状況だ。

 

 

 

 中でも、世界最速で2階級を制した、井上は、
 国内歴代最高はおろか、世界最大級のプロスペクト状態となっており、
 この先、どこまで大きくなっていくのか、
 想像もつかないぐらい、楽しみな存在だ。

 

 

 

 まずは、今年5月に行われる、
 指名挑戦者、デビッド・カルモナとの、防衛戦をクリアし、
 次のステップに進みたいところだ。

 

 

 

 なぜ日本人は、軽量級に強いのかは、
 しばしば行われる、議論だ。

 

 

 

 今も昔も、ボクシングの本場は、アメリカという意識が強いが、
 正直アメリカでは、軽量級はそれほど人気がなく、
 せいぜい、ライト級あたりが最軽量という意識が、根強くある。

 

 

 

 ボクシングが、世界的なスポーツである以上、
 いろいろな階級があって然るべきで、その国の特徴に、
 合わせた選手が活躍できるのは、大変素晴らしいことだ。

 

 

 

 むしろ、主要4団体の統一こそ、行うべきではないだろうか。

 

 

 

 白井義男が、日本人初の世界王座に輝いた時、
 王座は一つしかなく、文字通りの世界一だった。

 

 

 

 世界チャンピオンに、なれるチャンスが広がっていることは、
 一概に否定できるものではないが、王者が乱立していることが、
 かえってボクシングの未来にとって、弊害となりはしないだろうか。

 

 

 

 階級も含め、今後、見直しを進めてもらいたいものだ。

 

 

 

 

 

 

 

『ブックメーカーを始めよう!』topへ

 

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! 全豪オープン特集! 【10Bet Japan HP】