ここ最近のボクシング事情|ライト級 〜ブックメーカーを始めよう!〜

$30ボーナス、プレゼント!


ラッキーニッキーカジノ、登録するだけ、$30ボーナスプレゼント♪





 日本語対応のオンラインカジノ、【ラッキーニッキー】!
 業界最大級の、「ウェルカムボーナス」が魅力♪
 現在、登録するだけで、「$30のベットマネー」プレゼント中です!
(登録後、カスタマーサービスに、「登録ボーナスの、認証コードください」とご連絡を)

『ラッキーニッキーカジノに登録して、$30をゲット!』


最近のボクシング事情|バンタム級 〜ブックメーカーを始めよう!

 

 

 

 

 

 

 ※ 出典:https://www.hbo.com/boxing/index.html

 

 

 

 

 

 日本人で初めてライト級王座に輝いたのが、
 あのガッツ石松であることは、広く知られている。

 

 

 

 ロベルト・デュランなど、時の王者に挑戦し続け、
 ロドルフォ・ゴンザレスとの試合で、KO勝ちを収め、
 王者に輝いた試合は、世紀の番狂わせと評された。

 

 

 

 しかし、その後、4度の防衛に成功したことに加え、
 一発KOのパンチ力、三度笠スタイルで入場などの、
 キャラクター性が受け、今日の活躍に繋がっている。

 

 

 

 現在のライト級は、絶対的王者がいなく、
 人気もある方ではないが、帝拳ジム所属の、
 ホルヘ・リナレス選手が、WBC王者として活躍を続けている。

 

 

 

 4月に、3度目の防衛戦を行う予定だったが、
 右拳を骨折するというアクシデントがあり、
 防衛戦が延期になったのは、残念だ。

 

 

 

 リナレス以外は、本命と目される選手が、
 王者として長続きしていないのも、ライト級の特徴と言える。

 

 

 

 最大の実力者であった、テレンス・クロフォードは、
 スーパーライト級の舞台に去り、オマール・フィゲロアは、
 休養王座という、訳の分からないものに認定され、
 スーパーライト級に転向したが、毎回体重超過という失態を繰り返し、
 ノンタイトル戦で判定勝ちと、パッとしない試合が続いている。

 

 

 

 今後、期待できるのは、6月の、
 IBF王座返り咲きを狙っている、ミッキー・ベイだろうか。

 

 

 

 何と言っても、あの、フロイド・メイウェザーに、
 才能を見いだされた選手だ。

 

 

 

 しかし、そのベイにしても、過去には、
 ドーピング検査で陽性が出たり、復帰戦で、
 打たれ弱さを露呈したりと、イマイチである。

 

 

 

 圧倒的強さで、世界的人気を獲得する様な選手が、
 登場してくれることを願う... ライト級は、そんな階級の1つである。

 

 

 

 

 

 

 

『ブックメーカーを始めよう!』topへ

 

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! 全豪オープン特集! 【10Bet Japan HP】