ここ最近のボクシング事情|バンタム級 〜ブックメーカーを始めよう!〜

$30ボーナス、プレゼント!


ラッキーニッキーカジノ、登録するだけ、$30ボーナスプレゼント♪





 日本語対応のオンラインカジノ、【ラッキーニッキー】!
 業界最大級の、「ウェルカムボーナス」が魅力♪
 現在、登録するだけで、「$30のベットマネー」プレゼント中です!
(登録後、カスタマーサービスに、「登録ボーナスの、認証コードください」とご連絡を)

『ラッキーニッキーカジノに登録して、$30をゲット!』


最近のボクシング事情|バンタム級 〜ブックメーカーを始めよう!

 

 

 

 

 

 

 ※ 出典:https://www.hbo.com/boxing/index.html

 

 

 

 

 

 ファイティング原田、辰吉丈一郎など、
 日本のボクシング史を彩ってきた、バンタム級の世界。

 

 

 

 その伝統は、現在も引き継がれ、WBCチャンピオンとして、
 山中慎介が、日本人歴代3位となる、10連続防衛を達成し君臨している。

 

 

 

 「神の左」 と形容される、強烈な左ストレートが武器だが、
 最近は、対戦相手からも研究されつくされ、少々苦戦している。

 

 

 

 これから、他団体王者との統一戦や、本場ラスベガスでの、
 ビッグマッチを成功させるためにも、新たな武器を身に付け、
 長く王座に君臨してもらいたいものだ。

 

 

 

 その他団体の状況は、WBAが少々ややこしい。
 何と、3人もの王者がWBAだけで存在しているのだ。

 

 

 

 まず世界王座より上位の位置付けの、
 ”スーパー王座” に、(ドミニカ共和国)ファン・カルロス・パヤノ。

 

 

 

 ”普通の王座” に、(イギリス)ジェイミー・マクドーネル、
 ”暫定王座” に、(カザフスタン)ザナト・ザキヤノフ。

 

 

 

 山中とIBF、WBO王者を含めると、実に、
 バンタム級王者と名の付く選手が、世界で6人いる計算となる。

 

 

 

 これだけいると、統一戦と言っても、
 誰を相手にするのか、なかなか難しいものがある。

 

 

 

 最大の敵は、WBAスーパー王者である、パヤノだ。

 

 

 

 8年間に及ぶ、長期政権を樹立していた、
 アンセルモ・モレノをなぎ倒し、2014年に王座の椅子に座った。

 

 

 

 もっともこの試合は、ラフファイトで、
 負傷判定の末に、勝ち取った王座だけに、
 本当の意味で強さが問われるのは、これからだろう。

 

 

 

 実際に、2015年は、1度防衛したものの、
 「2‐1」 での判定勝ちでと、際どいものだった。

 

 

 

 こうした状況だけに、安定した強さを誇る、
 山中の今後に、大きな期待が寄せられている。

 

 

 

 具志堅が持つ、日本人防衛連続記録の更新、
 本場ラスベガスでのビッグファイト実現に、期待したい。

 

 

 

 

 

 

 

『ブックメーカーを始めよう!』topへ

 

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! 全豪オープン特集! 【10Bet Japan HP】