ここ最近のボクシング事情|スーパーフェザー級 〜ブックメーカーを始めよう!〜

$30ボーナス、プレゼント!


ラッキーニッキーカジノ、登録するだけ、$30ボーナスプレゼント♪





 日本語対応のオンラインカジノ、【ラッキーニッキー】!
 業界最大級の、「ウェルカムボーナス」が魅力♪
 現在、登録するだけで、「$30のベットマネー」プレゼント中です!
(登録後、カスタマーサービスに、「登録ボーナスの、認証コードください」とご連絡を)

『ラッキーニッキーカジノに登録して、$30をゲット!』


最近のボクシング事情|スーパーフェザー級 /ブックメーカーを始めよう!

 

 

 

 

 

 

 ※ 出典:https://www.hbo.com/boxing/index.html

 

 

 

 

 

 具志堅用高が持つ、日本人最多連続防衛記録、
 13回を破ると思われていた、内山高志が、
 まさかのKO負けを喫し、WBA王座を手放したのは、記憶に新しい。

 

 

 

 WBC王座だった三浦隆司も、昨秋敗れていたため、
 フェザー級と名の付くタイトルから、日本人が誰もいなくなってしまった。

 

 

 

 三浦は、世界ランク1位をキープしており、
 今後の復活もなくはないが、内山の方は、
 引退が囁かれており、今後の展開から目が離せない状況だ。

 

 

 

 もっとも、1つ下のフェザー級には、
 世界ランク3位の、大沢宏晋選手がいるなど、
 この辺りの、日本人選手の層は厚いので、また、
 新チャンピオンの誕生が、すぐに見られるかもしれない。

 

 

 

 長年、この階級で内山との対戦が熱望されていた、
 ユリオルキス・ガンボア(キューバ)だったが、
 2014年に、ライト級に階級を上げ、テレンス・クロフォードと、
 実力派同士の無敗対決に臨んだが、9回TKO負けに終わっている。

 

 

 

 その後、ライト級では、ウェイトの壁が厚いと判断したのか、
 スーパーウェザー級で、王座返り咲きを狙っているようだが、
 プロモート会社とのトラブルで、裁判沙汰になり、敗訴するなど、前途多難だ。

 

 

 

 こうなってくると、三浦から王座を奪った、
 WBC王者、フランシスコ・バルガス(メキシコ)に、注目だが、
 禁止薬物の発覚で、こちらもゴタゴタしている。

 

 

 

 6月に、初防衛戦が予定されているが、
 案外、短命に終わる可能性もある。

 

 

 

 内山・三浦両選手とも、破壊力のあるパンチで、
 王座に君臨してきた、スーパーフェザー級。

 

 

 

 新しい、日本人KOパンチャーの登場に、期待したい。

 

 

 

 

 

 

 

『ブックメーカーを始めよう!』topへ

 

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! 全豪オープン特集! 【10Bet Japan HP】