センバツ高校野球2016展望! 〜東海・北信越地区注目校〜

$30ボーナス、プレゼント!


ラッキーニッキーカジノ、登録するだけ、$30ボーナスプレゼント♪





 日本語対応のオンラインカジノ、【ラッキーニッキー】!
 業界最大級の、「ウェルカムボーナス」が魅力♪
 現在、登録するだけで、「$30のベットマネー」プレゼント中です!
(登録後、カスタマーサービスに、「登録ボーナスの、認証コードください」とご連絡を)

『ラッキーニッキーカジノに登録して、$30をゲット!』


センバツ高校野球2016展望! 〜東海・北信越地区注目校〜

 

 

 

 

 

 

  ※ 画像はクリックすると拡大します。

 

 

 

 

 

 

 東海・北信越からは、以下の、4校が出場する。

 

 

 

 ・昨春、悲願の初優勝を果たした、福井、敦賀気比
 ・同じく福井の、福井工大福井
 ・東海大会を制し、優勝候補の一角を担う、愛知、東邦
 ・東海大会準優勝の、三重、いなべ総合(初出場)

 

 

 

 特に、福井勢は、北信越大会の優勝・準優勝校で、
 敦賀気比は、昨年に続く連続優勝を狙っている。

 

 

 

 32校の中で最長となる、4季連続出場で、
 昨夏の甲子園経験者も、5人と、経験豊富なところが魅力的だ。

 

 

 

 初戦の、青森山田を勝ち抜いて、勢いに乗れるかどうか。

 

 

 

 投手力と打撃・機動力は、出場校の中でも上位なだけに、
 つまらないエラーで、勝てる試合を落とさないようにしたい。

 

 

 

 12年ぶりのセンバツ出場となる、福井工大福井は、
 投手力も打撃力も、出場校中下位だが、
 勢いに乗った時の集中打が、魅力のチーム。

 

 

 

 浮き沈みが激しいだけに、開会式後の、
 大会第一試合という日程が、どう影響するか。

 

 

 

 変わって、愛知・東邦は、1年夏に甲子園で活躍し、
 ”バンビ2世” と騒がれた、藤嶋投手と松山投手の、
 2枚看板を擁している。

 

 

 

 この2人は、打撃成績でも、出場選手中上位に位置しており、
 初戦の、難敵・関東一高を突破すれば、優勝への道が開けてくる。

 

 

 

 初出場となる、いなべ総合は、校名だけ聞くと、
 私立をイメージするが、県立校だ。

 

 

 

 県大会3位ながら、東海大会では、粘り強い戦いで、
 準優勝に輝き、センバツへの切符を掴んだ。

 

 

 

 競り合いに強い持ち味を、甲子園でも発揮してもらいたいところだ。
 優勝候補を2校擁している、東海・北信越地域代表に、注目だ。

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! カタールw杯特集! 【賭けっ子リンリン HP】