センバツ高校野球2016展望! 〜近畿地区注目校〜

$30ボーナス、プレゼント!


ラッキーニッキーカジノ、登録するだけ、$30ボーナスプレゼント♪





 日本語対応のオンラインカジノ、【ラッキーニッキー】!
 業界最大級の、「ウェルカムボーナス」が魅力♪
 現在、登録するだけで、「$30のベットマネー」プレゼント中です!
(登録後、カスタマーサービスに、「登録ボーナスの、認証コードください」とご連絡を)

『ラッキーニッキーカジノに登録して、$30をゲット!』


センバツ高校野球2016展望! 〜近畿地区注目校〜

 

 

 

 

 

 

  ※ 画像はクリックすると拡大します。

 

 

 

 

 

 

 ブロック別で、毎年一番出場校が多い近畿。

 

 

 

 今年のセンバツには、

 

 

 

 ・優勝候補の、大阪桐蔭
 ・常連校の、龍谷大平安
 ・奈良、智弁学園
 ・古豪、市和歌山
 ・近畿大会準優勝、滋賀学園
 。地元兵庫から、明石商と長田

 

 

 

 と、2校が初出場の、計7校が出場する。

 

 

 

 廃部寸前のPL学園を尻目に、完全に大阪の雄となった、
 大阪桐蔭は、出場校中1位のチーム打率、投げては150キロ左腕と、
 投打に優れ、今回も、優勝候補の呼び声高いチームだ。

 

 

 

 龍谷大平安も、打撃のチームで、
 秋の公式戦9試合の内、7試合がコールドゲームだった。

 

 

 

 不安は投手陣で、強豪校同士の対戦となった、
 明徳義塾戦を、乗り切れるかどうか。

 

 

 

 フレッシュな初出場校である滋賀学園は、秋季大会登録選手23人の内、
 県外出身者が20人を占める、典型的な野球留学校。
 (沖縄出身が5人いるのも、珍しい)

 

 

 

 かたや、公立校の、”市和歌山”・”明石商”・”長田” の、3校。
 こちらは、さすがにほとんどが県内出身者で、しかも、近場の中学出身者が多い。

 

 

 

 なかでも明石商は、昨夏選手権予選で決勝に進み、惜しくも、
 甲子園出場を逃したチームで、今回、悲願の初出場を果たした。

 

 

 

 地元の熱い応援をバックに、勢いに乗れるかどうか。

 

 

 

 近年、大阪桐蔭の活躍は目立つが、
 地域全体としては、低迷気味の近畿ブロック...
 近畿代表が活躍してこそ、甲子園は盛り上がる。

 

 

 

 公立校3校のケレン味のない戦いぶりと、合わせて注目したいところだ。

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! カタールw杯特集! 【賭けっ子リンリン HP】