センバツ高校野球2016展望! 〜九州・沖縄地区注目校〜

$30ボーナス、プレゼント!


ラッキーニッキーカジノ、登録するだけ、$30ボーナスプレゼント♪





 日本語対応のオンラインカジノ、【ラッキーニッキー】!
 業界最大級の、「ウェルカムボーナス」が魅力♪
 現在、登録するだけで、「$30のベットマネー」プレゼント中です!
(登録後、カスタマーサービスに、「登録ボーナスの、認証コードください」とご連絡を)

『ラッキーニッキーカジノに登録して、$30をゲット!』


センバツ高校野球2016展望! 〜九州・沖縄地区注目校〜

 

 

 

 

 

 

  ※ 画像はクリックすると拡大します。

 

 

 

 

 

 

 時々勝ち進むチームが現れるものの、
 地域全体としては下降気味なのが、九州・沖縄ブロックだ。

 

 

 

 特に、福岡県勢は、期待されながらも、
 実力がなかなか出し切れず、早期敗退も少なくない。

 

 

 

 このセンバツ88回大会でも、未出場に終わっている。

 

 

 

 九州・沖縄ブロックからは、以下の4チームが、選出された。

 

 

 

 ・九州大会優勝の熊本、秀岳館
 ・準優勝の長崎、海星
 ・ベスト4の鹿児島、鹿児島実
 ・ベスト4の宮崎、日南学園

 

 

 

 5年ぶりの鹿児島実以外は、
 すべて、10年を超える久々のセンバツ出場だ。

 

 

 

 秀岳館は、打力が魅力のチームで、打率・得点・安打数など、
 出場校の中で、すべて上位に位置している。
 初戦の花咲徳栄の、左の好投手を打ち崩せるかどうか。

 

 

 

 また、海星も打力に自信がある。

 

 

 

 しかし、これらは当たり前のことだが、すべて秋の公式戦成績なので、
 ひと冬越して、センバツ大会では、どうなるかは分からない。

 

 

 

 昨夏の甲子園を経験している4人を有する、鹿児島実も、
 どちらかといえば打力のチームだが、伝統校らしく、
 守備が固く、特に、守りの要である二遊間が、ノーエラーなのが素晴らしい。

 

 

 

 近畿地方からの野球留学生が多い、日南学園だが、
 レギュラー陣は、県内出身者とほぼ、半分ずつぐらいだ。

 

 

 

 少子化の中、有力な選手の青田買いは、
 止まるところを知らないが、こうした傾向は、
 今に始まったことではない。

 

 

 

 問題は、途中で挫折した選手に対して、
 次の場所を見つけるシステムが、確立されていないことだ。

 

 

 

 医療の世界では、セカンドオピニオンがある。

 

 

 

 ケガなどで居場所がなくなった選手に対し、
 高野連は、もう少し対策をとってもいいのではないだろうか。

 

 

 

 それが、将来の野球文化の発展に繋がるはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! カタールw杯特集! 【賭けっ子リンリン HP】