センバツ高校野球2016展望! 〜中国・四国地区注目校〜

$30ボーナス、プレゼント!


ラッキーニッキーカジノ、登録するだけ、$30ボーナスプレゼント♪





 日本語対応のオンラインカジノ、【ラッキーニッキー】!
 業界最大級の、「ウェルカムボーナス」が魅力♪
 現在、登録するだけで、「$30のベットマネー」プレゼント中です!
(登録後、カスタマーサービスに、「登録ボーナスの、認証コードください」とご連絡を)

『ラッキーニッキーカジノに登録して、$30をゲット!』


センバツ高校野球2016展望! 〜中国・四国地区注目校〜

 

 

 

 

 

 

  ※ 画像はクリックすると拡大します。

 

 

 

 

 

 

 野球どころと呼ばれたのも過去の話とばかり、
 近年の四国ブロック代表の成績は、それほど振るわない。

 

 

 

 しかし、今大会の四国代表は、少々趣が違っている。

 

 

 

 記念すべきセンバツ第1回大会を制し、四国四商と謳われた、
 香川・高松商業が、実に、20年ぶりにセンバツの舞台に帰ってくる。

 

 

 

 しかも、四国大会・明治神宮大会の、両大会を制し、
 優勝候補の一角として、堂々の復活だ。

 

 

 

 四国からは、高松商業のほか、
 以下の2校が出場するのも魅力的だ。

 

 

 

 

 ・常連校の高知、明徳義塾
 ・同じ高知から古豪の、土佐高校

 

 

 

 

 近年上位進出を果たせていない、
 四国代表校の躍進に注目したい。

 

 

 

 かたや、中国ブロックからも、魅力的な3校が出場する。

 

 

 

 

 ・”松坂2世” と呼ばれる、150キロ右腕、高田投手を擁する岡山、創志学園
 ・県立校で、7年ぶり出場の山口、南陽工
 ・6年ぶりの島根、開星だ。

 

 

 

 

 投手ばかりが注目されがちな、創志学園だが、
 3塁打が、出場校中一番多いなど、機動力も魅力だ。

 

 

 

 近年は、盗塁など機動力が、再び脚光を浴びることも多い。
 投手力が安定しているだけに、もしかすると、
 センバツの台風の目になるかもしれない。

 

 

 

 また、21世紀枠で、香川・小豆島が、初出場を果たした。

 

 

 

 部員17人、マネージャー2人と、小規模の学校が県大会を制し、
 四国大会ベスト8の結果が、評価されての出場だ。

 

 

 

 同じ21世紀枠の、釜石との対戦を、乗り切れるかどうか。
 打線が弱いだけに、投手力を中心に、守りの野球で活路を見出したい。

 

 

 

 どちらが平常心で試合に臨めるかどうかが、カギとなるだろう。

 

 

 

 賛否両論あるが、こうしたチームに、
 光が当たるのが、センバツ大会の魅力である。

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! カタールw杯特集! 【賭けっ子リンリン HP】