センバツ高校野球2016展望! 〜北海道・東北地区注目校〜

$30ボーナス、プレゼント!


ラッキーニッキーカジノ、登録するだけ、$30ボーナスプレゼント♪





 日本語対応のオンラインカジノ、【ラッキーニッキー】!
 業界最大級の、「ウェルカムボーナス」が魅力♪
 現在、登録するだけで、「$30のベットマネー」プレゼント中です!
(登録後、カスタマーサービスに、「登録ボーナスの、認証コードください」とご連絡を)

『ラッキーニッキーカジノに登録して、$30をゲット!』


センバツ高校野球2016展望! 〜北海道・東北地区注目校〜

 

 

 

 

 

 

  ※ 画像はクリックすると拡大します。

 

 

 

 

 

 

 昨年のセンバツの、東海大四の準優勝を始め、一昔前とは、
 見違えるほど甲子園で躍進を見せる、北海道・東北の代表校。

 

 

 

 今年のセンバツ大会には、

 

 

 

 ・北海道から、春初出場の、札幌第一
 ・青森から、東北大会で優勝を争った、青森山田
 ・青森から、東北大会で優勝を争った、八戸学院光星、
 ・21世紀枠で、県大会準優勝の、釜石

 

 

 

 という計4校が出場する。

 

 

 

 近年、甲子園を沸かせている、
 青森代表の青森山田と八戸学院光星だが、
 意外にもセンバツは前者が11年ぶり、後者は3年ぶりの出場になる。

 

 

 

 夏の代表争いでも、凌ぎを削ると見られる両チームが、
 甲子園でどんな戦いを見せるのか楽しみだ。

 

 

 

 21世紀枠で、20年ぶりの出場を勝ち取った、岩手県の釜石高校。

 

 

 

 かつての、新日鉄釜石の日本選手権7連覇、
 2019年の、ラグビーワールドカップ開催地に選ばれるなど、
 ラグビーのイメージが強い地域だが、5年経過しても、
 震災の後遺症で悩む人々の、希望になれるよう、
 躍進を期待したいところだ。

 

 

 

 札幌第一は、エースで主将と、
 大黒柱の上出投手の、調子いかんにかかっている。

 

 

 

 初戦の、千葉・木更津総合には、
 左の好投手・早川がおり、投手戦が予想される。

 

 

 

 四球を選び、確実にバントで進め、
 少ない得点チャンスに勝負をかける。

 

 

 

 最近では珍しくなった、昔ながらの野球だが、たまには、
 こうした基本に忠実な高校が、勝ち進む姿を見てみたいものだ。

 

 

 

 北海道・東北の躍進に、野球留学が、
 理由の一つに挙げられるのは事実だが、
 それは、他の地域でも行われていることである。

 

 

 

 今年こそ東北に、春夏通じて、
 初の優勝旗が、もたらされることを期待したい。

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

 


トップページ Jリーグtoto特集! カタールw杯特集! 【賭けっ子リンリン HP】